プロフィール

1951年 山梨県に生まれる。都留高校、都留文科大学卒業
1974-86年 八王子市立由木中央小学校、柏木小学校教員
1987-93年 八王子市議会議員
1997年より 東京都議会議員。都市・環境委員(前副委員長)
経済・港湾委員その他、現在
新都市建設公社評議員
八王子保健所運営協議会委員
男女共同参画推進議員連盟副委員長
いちょうまつり顧問
中小企業対策審議会委員

家族
夫と二男。

生まれる~大学卒業(1951-74)

 小中学校は山梨県上野原町町立小学校、中学校ですごしました。かけっこ大好き、音楽大好き少女でした。小学校 6 年生では、当時女子ではめずらしく生徒会長となり、女性参加の窓口を開いたと自負しています。中学校では、3 年間、音楽クラブ、バレーボールクラブ、学級委員として青春を謳歌していました。山梨県立都留高校での生活、先輩、友人からの影響は政治への関心を持つきっかけとなりました。コンクールで入賞を目指す吹奏楽クラブでフルートに熱 中しながらも、テレビや新聞で報道されるベトナム戦争や沖縄問題などはどうしても目をそらすことができず、「どうして? 何が問題? どうしたらいいの?」とすでに行動に加わっていました。

大学は自治会、クラス活動が活発な大学で、そのいきいきした雰囲気のもと、すぐにそうした活動に参加し、そのなかで多くの友人、仲間に出会い、政治 や社会の問題にもさらに深く加わるようになりました。教員になろうという学生がほとんどでしたので、教育、こどものこと、など夜遅くなるまで激論をかわし たことがありました。

小学校教員のころ(1974-86)

 大学を卒業し、東京の教員をめざしました。私は八王子市の由木中央小に決定し、同じ新任 3 人の女性教員と希望に胸をふくらませて子どもの前に立ちました。22 歳の先生と 11 歳の生徒。思い出すとヒヤッとすることもありますが、熱血、無我夢中、こどもたちと過ごせることが本当に楽しい、そんな新任教員でした。もう一校の柏木小 学校に 2 年間とあわせて 12 年間、妊娠、出産、2 人の子どもを育てながらの仕事でしたが、子どもの病気のときもクラスの親御さんにも助けられてがんばることができました。その当時の親御さんに会うと、今 でも、あの時の○○君はいくつになった、と、なつかしく思い出してくれます。自らの子育てを通しての保育行政の不十分さ、教え子たちの学童保育行政の不十分さなど、自らの体験を通して市政への関心をつよめざるをえませんでし た。そして、一生の仕事と、こどもの頃から決めていた教員生活にピリオドをうち、市議会議員選挙に立候補する決心をしたのです。候補者として 1 年間、地盤の地域を回り続けましたが、初めのころは学校の校庭から流れてくる音楽やこどもたちの歓声に涙することもありました。政治活動のほうが長くなっ た今は、やっとそんなこともなくなりましたが。

八王子市議会議員時代(1987-93)

 文教経済委員会、厚生水道委員会副委員長、国民健康保険運営委員などをつとめてきました。印象に残った問題としては、北野駅のエレベーター設置、ペデストリアンデッキ設置の問題です。当時はまだバリアフリーという問題がはじまったばかり でした。エスカレーターは設置できるということで、よしとしていたのですが、近くに住む重度障害者の方が私の家を訪れ、「エレベーターでなければ車椅子は 利用できない」「ペデストリアンデッキにもエレベーターがなければ道路を渡れない」と、繰り返し訴えてきたのです。

私は本会議で、そして予算委員会で、その障害者が託してくれた手紙、手が使えないので口に棒をくわえてワープロで打ったその手紙を紹介しました。議 場の議員の皆さんはとても静かに聞いてくれました。当時の市長はその手紙に対し、暖かい答弁をし、その結果北野駅の障害者設備が進んでいったのです。打越 中学校の校長先生がかつて出した学校だよりで、「北野駅は市内で一番障害者整備がされている駅です」と書かれたことがあります。こどもたちに「障害者を大 切に」ということを教えようとした言葉だったのですが、こどもが持って帰ってきたこの学校だよりを見て、市議会でがんばって本当によかった、と思えた一事 でした。

都議会へ(1993-2001)

 6 年間の市議会議員を経て、都議会議員選挙に立候補することになりました。初めの選挙では 4 人区でしたが当選に至りませんでした。力不足でした。引き続き都議会議員の候補者となることを決意し、次の日から候補者活動をはじめました。4 年間都議会の本会議代表質問のほとんどを傍聴しました。市内で起こった問題が都政とどのように関わりがあるのか調べ、交渉を繰り返しました。ついに議席を 得て、それまでに出されていた要望を解決しようと全力で取り組んだ 4 年間でした。このあと、4 年間の都議活動は、「実績」のページで。